スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なくもんか 

nakumonka.jpg

試写会に行って来ました。
監督は水田伸生。脚本は宮藤官九郎。主演阿部サダヲと
『舞妓 Haaaan!!!』トリオです。

最近はまったく日本のドラマをみてないのですが、
昔は宮藤官九郎のドラマを」楽しみにみていました。
・・といってもたいして見てないですが・・。

宮藤官九郎の脚本は所々に意味のあるようなセリフが
織り交ぜてあるので笑いの中に何か深いことが隠れていそうな
感じがします。

でもそのセリフ事態は深いかもしれないけど、
話全体でみると特に何かを訴えることは無いまま
お話は終わっているように感じます。
コメディだから別になくていいですけど。

「なくもんか」もそんな感じでとっても気楽にみていられます。
館内では笑い声がよく起こっていました。

ハムカツ、子供の頃お習字の帰りにいつも買って食べてたなぁ。
お習字の紙代のおつりでハムカツとペンシルチョコレートを買うのが
お決まりのコースでした^^

一緒に試写会に行った友達は
「みんな笑い声を上げてたけどそこまでおもしろかったかなぁ?
まぁ、おもしろいはおもしろいけど。」
と言っていました。

私も楽しかったけど声を上げてまでは笑いませんでした。

でもそれは
「歳のせいかも」
と思ったのでした^^;

深いことを考えず気楽に楽しめる映画としてオススメだと思います^^


YouTubeテレビ
なくもんか 映画予告

阿部サダヲ 楽しいです。
YouTubeテレビ
なくもんか(マナーCM) 阿部サダヲ


ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサーサイト

NANA2 

前回のNANAは10代の女の子の夢みる話なのかなと思ってたのですが、
2のオープニングでいきなり奈々の妊娠を思わせるシーンに
「ええ!?」と驚いてしまいました。
まったく現実味のない女の子の夢物語にものすごい現実的な問題が
絡んできてうげ~~っと思ってしまいました。
てっきり片思いしか経験の無い10代の女の子がターゲットだと思ってたのに
いきなり昼ドラの香りがプンプン…。

主役の奈々が宮崎あおいから市川由衣に変わりました。
市川由衣も宮崎あおいと同じで優等生な感じを隠せなかった気がします。
市川由衣になって衣装のおばさんくささが余計加速された気がする…。
レン役とシン役も変更になったらしいが
あまり出番がないので気にならず。
シン役にいたっては、かわったことさえ気付かなかった^^;

前作のNANAは楽しめなかったけどそれは映画のせいではないような気がしましたが
今回はなんかつっこみたくなる…。

奈々ちゃん、「つけて」って言えなかったのかなぁ、
外出し失敗したのかなぁとか変なこと考えちゃって
…(・∀・)ダメっす。

映画みてて思ったけど、好きな人のためにご飯つくったり、
部屋掃除したりすることもステキな夢だと思うんだが…。
ナナが音楽がんばるのと同じくらいステキなことだと思うよ。

それにラストで、ナナが
「1度や2度の浮気で怒るんじゃないよ」といっていたが
ああいう男はずーっとするものなのだよ…。
などど人生のセンパイづらしたくなってしまうのであります…。

「絶対幸せになれよ!」ともナナは奈々に言いますが、
奈々ちゃんは絶対苦労するからそんなこと言ったら
ナナちゃんにグチれないじゃんと心配になっちゃった。

だけど奈々ちゃんはもう幸せなのだよ。
だってナナがいるんだもん!
とふたりに言いたくなるのでした。

おばさんがみる映画じゃないっすね…。(・∀・)アハハ…

あ、言い忘れたけど野外ライブはよかったです。
あそこだけすがすがしくていい。

NANA 2 スタンダード・エディション [DVD]NANA 2 スタンダード・エディション [DVD]
(2007/06/22)
中島美嘉市川由衣

商品詳細を見る


YouTubeテレビ
NANA2 映画予告

NANA 

公開当時、結構評判だったので期待してみましたが
私は楽しめませんでした。
原作は読んだことがありません。
ちょっともうこういうの無理。
10代の頃みたらどうだったんだろう…。
うーーん。

男の子の描き方が少女マンガ全開で私にはもう失笑もの。
申し訳ない…。
うんことかおならしなさそうな男の子達なんだよね。

あと気になってしまったのは衣装。
ナナは好みということもあるけどステキだった。
もうひとりの奈々は原作に忠実らしいからしょうがないのかぁとは
思うけど、なんであんなにおばさんくさいんだろ…。
一番ヒドイのは美大生。
ださすぎ…。
あれは変。
かなり変。

宮崎あおいの犬っぽさはとてもかわいらしかったが
ちょっとあってないかも。
オバカで素直なかわいい女の子という設定だが、
宮崎あおいはオバカにみえなかった。
どうしても優等生な空気がはみ出してる感じがした。

中島美嘉のガリガリさが、まるで少女マンガから
抜け出たような感じで着こなしや化粧がとてもステキでした。
ライブはさすがという感じでとても臨場感があり
迫力がありました。

しかし、わたしにはこの映画は無理。
この映画を楽しむには年齢を取りすぎたのかも知れません。

NANA -ナナ- スタンダード・エディション [DVD]NANA -ナナ- スタンダード・エディション [DVD]
(2006/03/03)
中島美嘉 宮崎あおい

商品詳細を見る


YouTubeテレビ
NANA 映画予告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。