スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百万円と苦虫女 

100mann.jpg
(c)2008『百万円と苦虫女』製作委員会

かなーり前にHDで録画していたのにずっと観てなかった映画。
なんとなくおもしろくないかもと予感して避けてました。

観終わったら思ってた話と違ってた。
結構見入ってしまいました。

主人公の鈴子はちょっとしたきっかけで前科ができてしまった。
家族に負い目を感じ、自分を知っている人が誰もいないところへ
彼女は点々と旅をする。
100万円たまったら次の町へ引っ越していく。

前科を持つ原因となる事件からなのか、
元から人とあまり深くつきあうことを嫌っているのか不明だが
彼女はいつも苦虫をかみつぶしたような笑顔しかしない。

鈴子はまだ若くみためがかわいらしいので
どこにいっても男から好かれる。
だけど彼女はいつも苦笑いを浮かべるだけなのだ。

ある町で鈴子は恋に落ちる。
相手と相思相愛になる。
鈴子は心から笑っていた。
蒼井優のその笑いの演じ分け方がとても上手だった。

だけどその好きな男は
やがて鈴子にお金を借りるようになっていくのだ。
また鈴子の笑顔は苦虫をかみ殺したような笑顔に戻ってしまう。

鈴子には小学生の弟がいる。
彼はこの物語のキーパーソンだ。

弟は実はいじめにあっていた。
誰にも言えず一人で苦しんでいた。
弟はいじわるな同級生に啖呵を切る強い姉を尊敬していた。

この弟との関係や、行く先々で起こるちょっとしたエピソードが
退屈させない。
自分にはなんの取り柄もないと思っていた鈴子なのだが
かき氷の作り方やもものもぎり方を
異様にほめられてしまうのだ。
その時の「え?w」みたいな蒼井優の顔がいい。
ほほえましいシーンだ。

だけどラストシーンは私は納得いかない。
新たな決意をするのだが次の町からかよ!
と思っちゃうし、
「あるわけないか!」
ってまー現実そうかもだけど映画だもん
振り向いたところで終わってよかったんじゃないの?

「あるわけないか!」
ってなんかネガティブでいやだなーって
私は思っちゃった。


100万円と苦虫女 予告

百万円と苦虫女 [DVD]百万円と苦虫女 [DVD]
(2009/01/30)
蒼井優、森山未來 他

商品詳細を見る



スポンサーサイト

BALLADバラッド 名もなき恋のうた 

ballad.jpg

試写会に行ってきました。
試写会の前に友達とカフェでおしゃべりに夢中になってたら、
上映時間が過ぎてた・・・・。
そのせいで前半の30分を見損ないました。(>'A`)>アーッ!!

くれよんしんちゃんの映画はテレビで
なんとなく見た気がしますが、
あまりストーリーは憶えてませんでした。

私は正直、草薙さんがどうしてこんなに
ひっぱりだこなのかわからないのですが、
この映画の主人公はそれなりにかっこよく
見えました。

ガッキーは見た目大好きですが、
彼女の演技をみたのがこれが初めてです。
可もなく不可もなく・・・
まぁかわいけりゃいいや、
みたいな。

恋愛映画としては、それなりに楽しめるかと思います。
若いカップルにはいいかも。
私みたいに擦れたヤツ行ってもフーンで終わりますが。

私は恋愛よりも戦争シーンが興味ありました。
GOEMONとは間逆で本当に普通の人間と人間が
殺しあってる。
でも血でないから怖がりな私でも安心してみれます。
なんつーか、昔の戦争ってこんなんだったのかー、
みたいなおもしろさというか。
戦争の仕方の検証がちゃんとしてあるのか適当なのか不明ですけど。

私は恋愛ストーリーとしては違和感なく
見てたのですが、
気になったのがしんいちファミリーです。

小学生のしんいちが戦争中に又兵衛さんが心配で
「ぼくみてくる!」とかゆって現場に行っちゃうんですけど、
お父さん追っかけるんですね。

で、マジで人殺されるシーンみて
父子は愕然とするのですが、
どうも戦争というものを見て愕然とした訳でなく、
又兵衛さんが負けそうってことで愕然としてる訳なんですね。

それすごい違和感あったですよ。
私だったら絶対息子にそんなところ見せないよ。

このお父さん、
「おれたちにできることはない」
みたいなこと言ってたと思う。

戦争を知らないってこういうことなんだな、
と思ったです。

あと戦争の原因が女のことちゅーのも
それにつかえる部下達が気の毒でしょうがなかったです。
最後首を切らないのもあの時代屈辱的なことなんでない?
違うのかな?

最後の「バキューン」は
試写会に遅れたのでよくわからんかったです。
なんとなく想像はできたけど、
最初からみないとダメでしたね(;´Д`)

いろいろ気になったところはありますが、
恋愛映画としては、まぁまぁかと思います。

つか、試写会ほとんど当たんないんだけど、
たまに当たると毎回
「ALWAYS 三丁目の夕日」がらみのような気がする・・・。
なんでだ・・・。



この映画の元ネタ

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 [DVD]映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 [DVD]
(2003/11/28)
矢島晶子、

商品詳細を見る



YouTubeテレビ
BALLADバラッド 名もなき恋のうた 映画予告

ブログランキング・にほんブログ村へ

バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 

babble_go.jpg

バブル時代・・・私何してたっけ?
学生からプーくらいの頃か?
あ、今プーなんて言わないんですよね。(;´∀`)アセアセ

映画ではバブル時代には
タクシーを札束ちらつかせて止めたり、
ビンゴゲームで200万当たったり。
バブル時代を生きた私ですがびっくりなエピソードでした。

その頃東京で働いていたという知人に
「ほんとにそんなことあったの?」と聞くと、
「札束でタクシー止めるのは知らないけど
会社がタクシー券くれるから、毎日タクシーで帰宅してたよ。」
とのことでした。

私はボディコンとか前髪アップとか嫌いだったのでしてなかったですが、
確かに周りはあんなんだったなぁ。
私はマガジンハウス派だったっす。
オリーブ少女だったっす。(ノ´∀`*)テレテレ

私の嫌いなファッションで身を包んでた吹石一恵さんですが、
めちゃめちゃかわいかったなぁ・・・。
ボディコン似合ってた。
阿部ちゃんの危険な男っぷりもおもしろかったです。

バブル時代の下川路(阿部寛)が、真弓(広末涼子)にスケベ心丸出しだったのに、
ある事情を知ってから態度が180度ひっくりかえったのには大笑いしました。
男って勝手~~。
でもなんか少し涙出た。

気楽で楽しめる映画だとは思うのですが、
全体的にこじんまりしていたように思います。

前半で、あざとすぎる広告主のよいしょシーンが多々あったのに
なんでだろ?金ないの?
ディスコシーンや船のパーティとかを
もっとゴージャスに表現してもよかったような。
広末さんのダンスも
えーっとぉ・・・
って感じだった気がする・・。

楽しい映画でしたが、もっとおもしろく表現できたのでは?
とすこーしもったいないなぁと思いました。

「このままでは日本経済が崩壊する」と言った背景に写ったモニターには、
日経平均株価が17000台とありましたね~・・・(遠い目)
今度は地球のどこから泡立つのかなぁ。
今度のバブルの波には乗ってやるぜ!
そしてすばやく降りて見せるぜ!
ナンツテ。


バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 スタンダード・エディション [DVD]バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 スタンダード・エディション [DVD]
(2007/08/17)
不明

商品詳細を見る



YouTubeテレビ
バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 映画予告

フラガール 

xxガールとかxxボーイとか、
さえない者達が集まって努力の結果うんたらかんたら・・・
映画が公開される前は「またか」な感じでスルーしてました。

しかし映画が公開されるとあちこちでいい評判を聞き、
おもしろそうだなと興味を持ちました。

ちなみに町おこしダンス系映画で「フル・モンティー」は大好きな映画です。

映画を見終わって期待しすぎたのか
なんかものすごくオーソドックスな映画で肩透かしでした。
日本アカデミー賞な感じの映画だなと思いました。

この映画の感動のしどころは最後のダンスだと思うのですが
たぶん私がこの映画を見る前に特集番組をみてしまったのが
失敗だったと思います。

役者さんがものすごく必死にハワイアンダンスを練習されていて
最後のあのシーンもみせてくれちゃったので(もちろん全部じゃないけど)
その時にすでに私は感動してしまっていたのです。

物語に感動するのではなく、
役者さんがすごくがんばって
最後には一丸となり、すばらしいダンスを披露したことに
感動しました。

だから物語にまったく入っていけず、
役者さんが物語りの中の人物としてみることができませんでした。

しかし何度もいいますがダンスシーンはすばらしく
最初はいなかっぺの女の子達が綺麗にお化粧し、
かわいらしい衣装を身に着け、すばらしいダンスをするのをみるだけで
顔がほころびます。

女の子っていいなぁ。
ヵヮ。゚+.(・∀・)゚+.゚ィィ!!

フラガール(スマイルBEST) [DVD]フラガール(スマイルBEST) [DVD]
(2008/02/08)
松雪泰子豊川悦司

商品詳細を見る



YouTubeテレビ
フラガール 映画予告


ハチミツとクローバー 

マンガは未読ですが、アニメはみてました。

甘酸っぱいセイスンのカホリを味わえるかと期待しましたが
何もニオイませんでした。残念!

最初は自分が歳をとりすぎたからなのかと思いましたが、
アニメでは胸キュンなシーンが所々あったので
(いや、自分でもびっくり!こういうのまだ楽しめるんだ私)
映画はやはりつまらないのかも知れないです。

ただ胸キュンなものは伝わらないのだけど、雰囲気で
最後までみせてくれる映画でした。

まず色が綺麗。
女の子がかわいい。
加瀬くんが出てる。(ファンなの)
ファッションが好み。
アニメだとどうしても細かいディテールを省略してしまいがちですが
実写ではすてきな服がいっぱいでよかったです。
男の子達の服装も好き。
特に真山くんのかっこが好み(・∀・)
先生もよかったなぁ。

映画はアニメ特有のものを全て排除してありました。
リアルさから遠のくしコメディっぽくなりすぎるからなのかな。

そのせいか各キャラクターの雰囲気がアニメとは違ってました。
竹本君とはぐちゃんは同じ雰囲気ありましたが、
他は違いました。
特に真山君が全然違う。(森田センパイも全然違うけど気にならなかった)
本来、竹本君の役割な部分を真山君がやってしまっているので
竹本君の存在がすっかりかすんでしまってました。
それに映画の真山君は不気味すぎ。
ダブルストーカーも片思いのせつなさをあらわすどころか
逆に怖かったんだけど。

エンディングでスピッツの曲が流れた後、急に不自然なアイドルちっくな
曲が流れ出し、そこで初めて竹本君役の男の子が嵐のメンバーのひとりと
気付きました。
あのエンディングだけ超浮いてました(´Д`;)
森田センパイが自分でつくった彫刻を破壊するシーンの意味が
嵐のエンディングを選択したということでぶちこわしではないかと。
映画と言ってること違うジャン!
と思ったのでありました・・・。

ハチミツとクローバーハチミツとクローバー
(2008/10/24)
櫻井翔 蒼井優

商品詳細を見る



YouTubeテレビ
ハチミツとクローバー 映画予告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。