スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディパーテッド 

「インファナル・アフェア」3部作のリメイク。

「インファナル・アフェア」を見た後に鑑賞したので
当然ドキドキ感は薄れてしまいました。
もしかしたら「インファナル・アフェア」未見の方は
純粋にドキドキ、スリル感を十分に楽しめるかもです。

オリジナルの子供っぽい部分(第1章はあまりないですけど)は排除され
いい具合にリメイクされていると思います。
オリジナルにはないキャラクターも登場されています。
ディグナムという捜査官ですが、
なぜこのキャラクターを新たにつくったんだろうと不思議でしたが
最後にわかりました。
しかし彼はなぜあんなに嫌味ばかり言ってるんだろう?w

ボス役のジャックニコルソンはホント怖い。
顔が。
こういうことしそうな顔ですよね~。
でもジャックニコルソンが恋愛映画では
素敵にみえるから不思議だー。

アメリカのマフィアといえば
チャイナ、ロシア、イタリアが浮かびますが
アイルランド系が牛耳ってるところもあるんですね~。
初めて知りました。

私はオリジナルの方が好きですが
このリメイク版も十分楽しめる映画だと思います。

それにしてもディカプリオはいつアカデミー賞取るんだろう。
じいさまになってから功労賞みたいなのもらうのかなー。
なんでディカプリオはいつも仲間はずれにされてるんでしょうか。(・∀・)

ディパーテッド [DVD]ディパーテッド [DVD]
(2008/01/25)
レオナルド・ディカプリオ マット・デイモン

商品詳細を見る


YouTubeテレビ
ディパーテッド  映画予告
高画質だから重いかもです。

スポンサーサイト

インファナル・アフェア Ⅲ 終極無間 

「インファナル・アフェア 」3部作、最終章。
1作目のその後の話です。

結論から言うと1作目が一番おもしろかったです。
3章は人間関係がちょっとわかりにくかったのと
デイジー」 を彷彿させる工エエェェ(´д`)ェェエエ工なシーンがチラホラ。

新しいメインキャラクターのヨンがどういった人間なのか
など人間関係がよくわからなくてあまり楽しめませんでした。
が、最後のシーンをみて
「ああ、それを楽しむのか」
と思いました。
楽しみ方失敗です。

1作目に登場した精神科医の女性が
第3章ではよく登場します。
精神科医と潜入捜査官のヤンとの出会いからの過去のシーン
が出てきます。
そのエピソードがホント最悪でした。
これが1作目になくて本当によかった。
1作目のクールな世界がぶち壊しになるところです。
なんであんなにセンスないんだろう…。
何あの絆創膏…(笑)
ものすごいおこちゃまなヤンとのやりとり。
見ていて口がポカーンとあいてしまいました。

終わり方がえ?まだあるの?あれ?まだ?
って感じでしたが
ラストは「ディパーデッド」の決着のつけ方と間逆でした。

「無間有三,時無間,空無間,受業無間,犯忤逆罪者永墮此界,盡受終極之無間」
どちらがおそろしい終わり方のなのか。

自分の犯した罪に気づき、まっとうな人間になった時から
もっとも苦しい罰が始まるのだと私は思います。

インファナル・アフェアIII 終極無間 [DVD]インファナル・アフェアIII 終極無間 [DVD]
(2006/07/19)
アンディ・ラウ トニー・レオン

商品詳細を見る



YouTubeテレビ
インファナル・アフェアⅢ 終極無間  映画予告


インファナル・アフェア Ⅱ無間序曲 

「インファナル・アフェア」3部作の2作目。
お話は「インファナル・アフェア」の過去の話になります。
主演の二人、トニー・レオンとアンディ・ラウの若い時代を別の俳優さんが演じています。

主演の二人の潜入していく過程と、
それぞれのボスにも話の焦点が当てられていました。

これをみる前に「ディパーデッド」をみたので
あれ?このエピソードは「ディパーデッド」オリジナルなのかな?と思ったら
「インファナル・アフェア」だけでなく全3部作から作ってたことが
わかりました。

オリジナルでは潜入捜査官が大ボスと異母兄弟とありましたが
やっぱその設定はちょっと苦しいかなぁと思いました。
「ディパーデッド」ではそういう設定はなかったように思います。

?なシーンも結構ありました。
私がおバカなだけかも知れないですが。

ひとつは潜入捜査官の異母兄弟の兄が上司に撃たれた時の表情。
あれって怒ってるんだよね??
だとしたらその後の上司との関係が不自然なような・・・。
「インファナル・アフェア」だと仲よくみえたんだけど。

あとマフィアの警察官にスパイしてる男の子が
ボスの彼女にほれちゃうんだけど
最終的にしたあの行為がわからない。
なんで??
嫉妬??
理解できない。

それにボスの彼女ってあまり魅力を感じない。
単に顔が私の好みじゃないってだけですが。
しかしあのツンデレっぷりはよかった。

1作目よりは落ちたけど、でもまぁ結構おもしろかったです。

インファナル・アフェアII 無間序曲 [DVD]インファナル・アフェアII 無間序曲 [DVD]
(2006/07/19)
エディソン・チャン ショーン・ユー

商品詳細を見る



YouTubeテレビ
インファナル・アフェアⅡ無間序曲  映画予告



インファナル・アフェア 

これ映画館に観にいきました。
久しぶりにみたけどやっぱおもしろかったです。

最初の二人のスパイ合戦(なんかチープな言い方^^;)は
ハラハラドキドキでした。

トニー・レオンとアンディ・ラウ、二人ともかっこいいなぁ。
かっこつけすぎると逆に笑えちゃう危険があるけど、これはセーフでした。

映画館で観たときは、上司の例のショッキングなシーンは
違和感あったんだけど、今回は気にならなかった。
前はスローモーションとか音楽の演出が
私には濃すぎて、ガクッとなってしまったんですよね。

アンディ・ラウの恋人の設定が変だなぁとは思いました。
あの小説のエピソードはちょっとわざとらしすぎ。
普通の人でいいじゃんって思いました。

それでもとてもハラハラドキドキできて楽しめる映画です。
これをみた後に「ディパーテッド」みたけど
まぁ話わかっっちゃってるってこともあるかもだけど
私は「インファナル・アフェア」の方がおもしろかったです。

オススメな映画です。

インファナル・アフェア [DVD]インファナル・アフェア [DVD]
(2006/07/19)
アンディ・ラウトニー・レオン

商品詳細を見る



YouTubeテレビ
インファナル・アフェア  映画予告



ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア 

先月、最終シーズン6の最終回がWOWOWで放送されました。
(※この記事は2008年4月に書いたものです。)

前にも書いたけど 、私はこのドラマが大好き。
(ですが、全部みたわけではないです。)
(※その後、レンタルで1,2シーズンもみました。見ていないのは6シーズンの前半のみです。)

最終回は賛否両論だったそうですが
こういう場合、すごくつまらないかおもしろいかのどっちかですが
私の感想は
まさにこのドラマらしい終わり方だったなぁ
というものでした。

それはエンディングの曲にも表れています。
このドラマは毎回エンディングに違う曲が流れます。
さて最終回は何の曲が流れたのでしょう。

それにしても海外ドラマって何年も続くから、
キャラクターに愛着ができてしまい
最終回がとてもさみしい。
(ERも終わるみたいだし…(´Д⊂グスン)
最後の方はポーリーにまで愛着持っちゃったよ。

6シーズン後半で好きなシーンは
ソプラノが息子に
「いいやつなのは悪いことじゃない」
と言ってるとこ。
涙がちょちょぎれました。

「レディ・イン・ザ・ウォーター」という映画で
「最近の映画はキャラクターに心理をしゃべりさせすぎる。」
みたいなセリフがありました。
ずーっと前に日本の昔の俳優さんが
「あそこまでわざとらしい演技しないとお客さんはわからないのだろうか?」
と嫌味でなく素朴な疑問という風に言っている方がいました。
同じように思っている方はこのドラマはオススメです。

まぁこのドラマの場合はそれをセラピストに語るという行為で
視聴者にわかりやすくするとういう方法をとっていますが。


YouTubeテレビ
ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア オープニング

ニコニコ動画テレビ
ザ・ソプラノズfile
メインキャストと監督・撮影スタッフのインタビュー集



ザ・ソプラノズ 2つのファミリーを持つ男<ファースト>セット1 (DISC1~3) [DVD]ザ・ソプラノズ 2つのファミリーを持つ男<ファースト>セット1 (DISC1~3) [DVD]
(2008/07/09)
ジェームズ・ガンドルフィーニ ロレイン・ブラッコ

商品詳細を見る

周りでソプラノ観てる人いないから
ここで吐き出します~。

なんで全話セットじゃないんだろ。↑
1シーズンと2シーズンの不満な点は声優さんが
テレビ放送と違うところ。
1シーズンの主役のトニーの声を俳優の渡瀬恒彦さんが担当してます。
テレビを見慣れている私は多いに不満。
渡瀬さんの声はしぶすぎて合ってないと思う。
トニーは普通のおっさんぽいところもあるからそういうのも表現できないと
ダメだと思う。
セラピストの声優さんも1,2シーズンとも違う人が担当されていて
特に2シーズン目の声優さんはあきらかにミスキャストだろ!って思う。
声にお色気あっちゃダメなんだよー><
クールなセラピー中の姿に萌えてるんだからさぁ。
セラピー中の二人はただ会話してるだけなんだけど
なんかエロいもの感じるんだよね。

この前ERみてたら3シーズンに出てたグロリア役のアナベラ・シオラが
カメラマン役で出てた。
グロリアの時と全然雰囲気違ってすごいなぁと思いました。
グロリア役の時はすごくセクシーな女性を演じています。

ポーリーも1シーズンからずっと観てたら大好きなキャラクターになっちゃいました!
ポーリー最高ww

子供がいなかった頃はなんとも思わなかったけど
息子のアンソニーもこのドラマにはとてもいいスパイスに
なってると思う。
クソ生意気な10代の若者っぷりが笑えるし、いとおしい。

とにかくどのキャラクターもエピソードも魅力的で
大好きなドラマなのです~。



東京大学物語 

江川達也のマンガの映画化。
マンガは未読でテレビで観ました。

おもしろっかたです!想定外でした。

マンガは男の子の視線。
映画は女の子の視線から物語は進みます。

「世界で一番君が好き。」
で私の気分もお空を飛んでしまいました。
言われたのが遥ちゃんなだけにこの言葉は本当に感動ものなのです。

エロシーンが話題だったらしいですが、
私は遥ちゃんのところどころのセリフに「だよね!」と
同調するものが多々ありそれが楽しかったです。

原作がとても長いので映画はポンポン話が進んでいきますが
大体のあらすじは原作を読んでなくてもわかるかと思います。
私は特に気にならず見てしまいました。

この映画はほとんど終わりごろまでは
ただの恋愛映画なのです。
「何そのオチ」と思ったときに
「ええ!?」
「へ?」
「ジ~~ン」
ときました。
私はなんかきちゃいました。

男の子と女の子のそれぞれの妄想が平行線だなぁと感じました。
同じものを求めてるのに。

映画をみてからマンガの最終巻を先に読みました。
ネットで調べたらオチがドーンと出てきたのでもういいやと思って。
いきなりセックスしまくりで驚きました(笑)
しかしこの最終巻はすごい。
名作でした。

原作でイメージが固まっていると男の子のキャスティングに
違和感あるかもです。
私は映画が先だったのでこの男の子でバッチリだと思いました。
原作のイメージはドラマで演じたらしいですが
まさに稲垣吾郎です。(見た目がです~)
映画では女の子目線だったのでわからなかったのですが、
まさかこんなに超ヘンタイ最低男だったとは!

マンガの方は今の教育問題に対しての江口氏の考えを
キャラクターに所々語らせていますが、
映画はあまりその点は強調されてなかったように思います。

この映画はやってはいけないこと、つまらなくなりそうなことを
やっておきながら、なのに逆にそれが功をそうしためずらしい映画だったと思います。

あと女の子のおっぱいの形がマンガみたいだったのが
すごーと思いました。おっぱいも必見です。

東京大学物語 [DVD]東京大学物語 [DVD]
(2006/10/19)
三津谷葉子 田中圭

商品詳細を見る



最終巻。傑作。
しかし、1巻からも読んだけど10巻くらいで挫折した・・・。
東京大学物語 34 (34) (BIG SPIRITS COMICS)東京大学物語 34 (34) (BIG SPIRITS COMICS)
(2001/02)
江川 達也

商品詳細を見る


ALWAYS 三丁目の夕日 

とても評判いいみたいですね。
2もヒットしているようですし。
DVDで鑑賞しました。

第一印象はすごいベタだな~というのが感想です。
これが大ヒットしたんだというのがちょっと驚き。
でも踊るなんとかの映画のヒットよりはずっといい。

ちょうどクリント・イーストウッドの「硫黄島」シリーズをみた後なので
たった10年くらいでこんなに復旧したんだな~と
なんか感慨深いものがありました。
2の予告編でちらっと戦争のことについて語ってるシーンが
ありましたがちょっとジーンってしちゃった。

昭和30年代を知らないのでノスタルジーに浸って楽しむということはありません。
あの時代を知っている人達は楽しめるのかな?

ベッタベタなんだけど最後の子供を払いのけても払いのけても
だきついてくるシーンはううっときました。

しかしほんとベタな映画や~(・∀・)


ALWAYS 三丁目の夕日 通常版 [DVD]ALWAYS 三丁目の夕日 通常版 [DVD]
(2006/06/09)
吉岡秀隆 堤真一

商品詳細を見る



YouTubeテレビ
ALWAYS 三丁目の夕日  映画予告




7つの贈り物 

試写会に行ってきました。
感想はネタバレするかもなので、これからみるつもりの方は
読まない方がいいかもです。

よく考えると、私はウィル・スミス主演の映画は
これが初めてかも知れないです。

話の作り方が最初は意味しんで
ラストで明かされるという例のパターンです。
「今、君に会いに行きます」とか「猟奇的な彼女」
みたいな。
ただ、この映画は上記にあげた映画ほどは甘ったるくはないです。
でも「韓国映画がモトなのか??」と思わせるようなストーリーでした。

意味しんな始まり方ですが
最初の方でだいたいこの主人公に何があったのか、
そして彼は何をしたいのかは想像はつきます。

彼は見ず知らずの人々に贈り物をします。
そして最後に贈り物をすることになる女性と出会い、
二人はやがて惹かれあいます。

その女性に自宅のディナーに招待され、いいムードになります。
主人公のベンは
「ちょっと待ってて。」
と車に置いてあったプレゼントを取りに行きます。
そこへベンの弟がいきなり現れ口論になります。
ベンは明日説明をするから、と言うのですが弟は
「兄さんの車で待つ!!」
と言ってゆずりません。
しかたなくベンは彼女の元へ戻り、帰ろうとするのですが・・・・

ラブラブヒートな二人はもうとまりません。
ベンは彼女をお姫様だっこしてベットへ・・・

私は
「弟待ってるのに~」
と弟のことが頭から離れなくて
ラブシーンにまったくひたれなかったです。

ベンの最後にすることはいいのか悪いのか
なんとも言えないですが
「なんかおしゃれな○○方だな」
と思っちゃいました。
すっごい痛そうでしたけどね。

まったく話に浸れてませんね。私。
ダメじゃん。

ですが最後、彼女がある男性に会いにゆくのですが、
そこはちょっと涙出そうになっちゃいました。
彼女の気持ち考えるとね・・・。

一緒に映画を観にいった友達は
「こんな後ろ向きな終わりでいいのか?」
と言っておりました。



YouTubeテレビ
7つの贈り物  映画予告


硫黄島からの手紙 

父親たちの星条旗」 をみた直後にみました。
余韻が残ってるせいか冒頭の穴をほっているシーンから
「こんな若いのに劣悪な環境でこんなことさせられて、うぅうっ・・」
と涙してしましました。(^_^;)

でも感傷的になったのはそのくらいで
あとは次々と起こる出来事を呆然とみるといった感じでした。

今までのこの時代の映画やドラマとなんか違うなぁと思わせたのは
二宮君の演技のせいかもしれません。
不快では全然なかったのですがほんの少し気になりました。
話し方やしぐさがまったく今風なのです。
でもそのせいで逆に今の時代の人間にはリアルかも。

他にも少し気になったのは
言葉が聞き取りにくいなぁと思う所が時々ありました。
あといつも飯ごうに炊かれている白飯が満杯なんだよね。

この映画をみて自分で体験して感じたことを大切にすること
相手を知ること、情報だけに振り回されないことを
また改めて感じました。

父親たちの星条旗」 もそうなのですが
もう単純な感想になりますが、戦争のむなしさを感じます。

クリント・イーストウッドの描き方がドラマチックでなく
淡々と描写しているのがかえって戦争の悲惨さを描き出しています。


硫黄島からの手紙 [DVD]硫黄島からの手紙 [DVD]
(2008/07/09)
渡辺謙 二宮和也

商品詳細を見る



YouTubeテレビ
硫黄島からの手紙 映画予告


父親たちの星条旗 

硫黄島からの手紙」と一緒に観たかったので映画館へいきませんでした。
映画館で観なくてよかった。
いっぱい泣いちゃったから。

映画の戦闘シーンは大抵その映像の迫力に感嘆させられるのですが、
この映画はそういうところに関心がまったくいかないのです。
とにかくあの米粒のような人間一人一人の命を感じるのです。
硫黄島へ上陸する兵士ひとりひとりが
誰かの息子であり恋人であり兄弟であり父親であることを感じる。
そして死ぬかもしれないという恐怖でいっぱいなのだろうと思うと
たまらなくて涙があふれてしまいました。

淡々と描く戦争シーンはみるのがつらかった。
いつまで見せられるのだろう、耐えられないと思いました。


帰還してからのシーンとのギャップさで
戦争の悲惨さは行ったものにしかわからないと思いました。
父親が死ぬまで戦争のことをあまり語らなかったというのも
本当に辛かったのだろうなぁと思いました。
病院で死の間際息子に海で遊んだことを語るシーン。
楽しいことだけを息子に話す父親に泣けてきました。

なぜ戦うのか。
ただ友達を守りたかったからと言う。
戦争に正義はない。ヒーローもいない。
友達を守りたい。家族を守りたい。

そういえばこの映画は殺された恨みという描写がないなぁ。
悲しみはあったけど。
守るために人を殺し、人が殺されると悲しむ。
衛生兵を描くとこれが際立つ。
人を殺した隣で人の命を救う。
戦争の不条理を嫌というほど実感させれました。

エンドロールの写真を見てまた涙がとまらなくなってしましました。
(´。`) はぁ…。

父親たちの星条旗 [DVD]父親たちの星条旗 [DVD]
(2008/07/09)
ライアン・フィリップジェシー・ブラッドフォード

商品詳細を見る


YouTubeテレビ
父親たちの星条旗 映画予告


マーズ・アタック! 

有名な俳優さんがたくさん出演しているSFオバカ映画です。
しかも簡単にどんどん死ぬし(・∀・)
マイケルJフォックスなんて え?? って感じ。
あとサラ・ジェシカ・パーカーがこんなところにこんな役で!
ジャック・ブラックがわか~い!
この人は存在自体が笑える。

ゲラゲラというよりプ!という感じで笑えるシーンが満載。
だけど大統領夫人が: ;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブフォ!! とコーヒーふいたシーンは
私もコーヒーふいた。
火星人が人間をUFOに運ぶシーンがなにげにかわいい(・∀・)

お話は皮肉も込められてるらしいですが
何も考えず笑いたいときに見るのに最適な映画です。
私もこの映画のおかげで気分転換できました(・∀・)


マーズ・アタック! [DVD]マーズ・アタック! [DVD]
(2008/12/10)
ジャック・ニコルソン グレン・クローズ

商品詳細を見る



YouTubeテレビ
マーズ・アタック! 映画予告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。