スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

60歳のラブレター 

また掘り出し物みつけたー!
試写会に当たってなきゃ絶対スルーしてた映画です。

パートナーと長い関係を保つにはどうしたらいいんでしょうかね。
私はこの映画をみて「距離」をおいてみるのがいいのかな、と思いました。

この映画では3組のカップルが登場します。

最初は定年をむかえた60歳の男が家路に向かうシーンと
奥さんが魚屋で鯛(ベタやぁ~)を買って、夫の定年祝いの準備をするシーンが
交互に流れます。

ある程度年齢を積み重ねている人なら
先は読めると思います。
私は「へ~60歳でもできるんだ。やっぱ薬使うのかな。」
と変な方へ興味が沸いてしまいました。

次のカップルは恋が始まったばかりなので
みていてとても微笑ましかったです。
恋はやっぱり新鮮な時が一番楽しいですから。

3組目のカップルが大勢の人が望む理想の夫婦関係かと思います。
最初の2組はある程度収入が高く、一般的なカップルとは
遠いので、それを補うにはちょうどいい設定だったと思います。
こういうところが話の作り方がうまいな、と思わせます。

今回の試写会は一人で行きました。
誘った人全員に断られたからです。
ですが一人で行ってよかった。
なんと私は初めて映画館で泣いてしまったのです。
一生懸命堪えたのですが、
涙がポロリと勝手におちてしまいました。(不覚)
魚屋の奥さんのモノローグでです。
会場でもたくさんの人が泣いていたように思います。

会場をみると年齢層がかなり高かったように思います。
そのせいでしょうか。
新生児がたくさんスクリーンに映し出されると
会場からため息のような声が聞こえてきました。
新生児ってかわいくないんですよね。猿みたいで。
でも子供を育てた経験があると、ほんと愛おしいのです。
会場から漏れるやさしいため息に私はまた泣きそうになりました。

この映画のお話は細かい伏線など
とても練られていてすばらしいです。
最後のラベンダーのエピソードを除いてですが。

日本映画の悪いところは
おちを無理に盛り上げようとしちゃうところでしょうか。
つまらんツッコミをいれちゃいますと、
なにもかも憶えてない夫がなんでラベンダーだけ覚えてんだよ。
です。
30年無視してあれで帳消しですか。
女が逆やっても帳消しでドラマ成り立つんかな。ムカムカ。

しかし松田道雄が言うように
「女はもろい」のでしょうね。
ちひろさんが恋を経験できてよかったなぁと思いました。

オチはひどいですが、それでもそれを帳消しにしてしまうくらい
すばらしい映画だと思います。
三丁目の夕日」があんなにヒットするならこれもヒットしなきゃおかしい。
三丁目」よりずっとずっといい映画です。
是非みてほしい映画です。
これを30代の監督と脚本家がつくったのがまたすごいと思いました。


エイガ・ドット・コムテレビ
「60歳のラブレター」予告動画

イッセー尾形のヘタクソな「ミッシェル」
I need to, I need to, I need to~♪
I want you, I want you, I want you~♪
もいいシーンでした。
この映画みてから聞くと泣けるっす。
YouTubeテレビ
The Beatles - Michelle

ステキな声にメロディ。ポール大好き。

ラバー・ソウルラバー・ソウル
(2009/09/09)
ザ・ビートルズ

商品詳細を見る


コメント

TB有難うございました。

趣味や日常的な事は、こちらに移して書いていますので、ご覧頂くと嬉しいです。ありがとうございました。

相互リンクのご依頼

突然のコメント失礼致します。
失礼ながら、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://sirube-note.com/scenario-writer/

もしよろしければ、こちらのページから相互リンク登録していただけましたら幸いです。
http://sirube-note.com/scenario-writer/link/register/
今後ともよろしくお願い致します。
1rhHnKYV

reikoさんへ

コメントありがとうございます。
ブログ拝見させていただきます^^

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pinga0302.blog37.fc2.com/tb.php/102-3a61c7b3

60歳のラブレター(’09)

昨日、九段会館での「60歳のラブレター」試写会に行ってきました。最近は、仕事や英検の事や、移行後の前ブログリンク修正も途中で、やや気忙しく、新作もご無沙汰でしたが、これは珍しく平日11時~上映という午前からで、都合も合ったので母を連れて見てきました。試...

  • [2009/05/04 11:50]
  • URL |
  • Something Impressive(KYOKO?) |
  • TOP ▲

『60歳のラブレター』―感情の交錯は首都高のごとく。

そのとき、あなたの隣にいるのは誰ですか?

  • [2009/05/07 14:04]
  • URL |
  • トーキョーワッショイ - 東京人が一番見たい東京ネタ |
  • TOP ▲

『60歳のラブレター』

  語り尽くせないほどの「ありがとう」   ■仕事一筋で家庭を顧みず、挙げ句に若い愛人までつくって好き放題の孝平と専業主婦で家族に尽くしてきたちひろは、孝平の定年を機に、離婚を決意するが…。魚屋を営む正彦と光江は、口げんかが夫婦の潤滑油。正彦の糖尿が見

  • [2009/05/19 06:46]
  • URL |
  • 唐揚げ大好き! |
  • TOP ▲

60歳のラブレター/中村雅俊、原田美枝子

長年連れ添った夫婦が互いへの感謝の言葉を1枚のはがきに綴る応募企画「60歳のラブター」。日本中からこれまでに約8万通を超えるはがきが寄せられついには書籍化され、それを原案として異なるタイプの3組の夫婦の物語を描いたのがこの映画なんだそうです。 出演はその...

  • [2009/05/19 10:06]
  • URL |
  • カノンな日々 |
  • TOP ▲

60歳のラブレター

60歳を迎えた3組の男女が人生を模索する姿を描くこの映画は、8万通を超える応募が寄せられた手紙をまとめたものが原案。仕事一筋の夫と耐える妻、奥手の独身カップルの恋、突然の病に対峙する魚屋夫婦。エピソードは別々に語られるが、チラリとすれ違う場面を作っている...

  • [2009/05/21 23:47]
  • URL |
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。