スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラスト、コーション 

lust.jpg

'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ
この映画、もう1回見たい。
ノーカット版で腋毛だけでなくアソコの毛も見たい。

というのは冗談ですが(10%本気(ノ∀`)タハー)。
私はWOWOWでR15指定の字幕版をみました。
今度はDVDで吹き替え版が見たいのです。
省略されたセリフも知りたいからです。

今回はネタバレで書きます。



私は最初、男はかなり初期の段階から
女がスパイだとほとんど見破っていたという認識でみておりました。
ところが最後、男が秘書に
「なぜ知ってて言わなかった?」
という字幕セリフをみて

「え!?知らんかったの!!?」

と驚いてしまいました。
だって知らないと変じゃない!?
とても用心深い賢い男という設定なのに。

でこの映画のレビューを色々読んでいてひとつ興味深いレビューに
たどり着きました。
そのレビューを読むと私の中ではつじつまが合うのです。

映画の中に女が飲み物に口をつけ、グラス、またはコーヒーカップに
口紅のあとを残します。
私は単にエロスの象徴としかみませんでしたが、そのレビューには
中国の貴婦人は口紅のあとを残したままにしないそうです。

ということで私は男は最初から疑っていたのだと解釈します。
そうやって観た方が私には自然だし話がおもしろく感じる。

ストーリーの伏線が丁寧に練られています。
女が暗殺の為に処女を失ったのに、
チャンスを逃すことになった時の電話をするときの表情。
そして3年後、レイプ同然のセックスを強いられながら、
ニヤリとする女。
そうよ、この時の為に処女まで失ってつまらんセックスに絶えたんだから!
と言わんばかり。

セリフだけでなく表情やしぐさで
人物の感情が読み取れる映像の利点をフル活用したシーンが多々あります。

話題のシーンも(女からみると)ただの行為から愛へと変化するのを私はひしひしと感じました。
(男は最初から惚れてた(=やりたい)とみた。)
これは言葉では表現できないと思います。

そして主人公を演じたタン・ウェイの美しさといったら!!

私は宝石店のシーンで勝手に男の気持ちを妄想しておりました。
男は宝石店で殺される覚悟で来ていたと。

なんつーオセンチ野郎でしょう。私って。

でも主人公の女も
同じようなオセンチな選択を
最後に選んだのでした・・・。

ラスト、コーション [DVD]ラスト、コーション [DVD]
(2008/09/16)
トニー・レオンタン・ウェイ

商品詳細を見る


YouTubeテレビ
ラスト、コーション  映画予告

※疑問のひとつなんだけどなんで女は自殺を選ばなかったの?知りたい。

その後、レンタルで吹き替え版みました。
私は麻雀しないし歴史に詳しくないのでやっぱ裏がよくわかんなかった。
でも2回目みると、また胸がしめつけれるようなシーンがたくさんあった。
日本料理店でのシーンは涙が出てきた。
あとなぜ自殺しなかったのか考えたけど、
薬を持った後に友達が写るショットがあって、
自分だけ楽して死ぬのはいけないと思ったのかなぁって感じた。
男たちは国の為とかえらそうなこと言うけど、個人的な恨みで動いているようにみえた。
それに比べてこの主人公の女性はまっすぐで美しいなぁと思った。
最後、愛にぶれたとも取れるけど、やっぱりまっすぐなものを感じた。
自分にまっすぐなんだ。



コメント

こんにちは~♪
私はこれを劇場鑑賞した時は、イマイチしっくりこなかったのですが、その後WOWOWで観た時は、、、なかなか切ない映画だなぁ~と再認識しました。

誰も信じなかった男が安らぎを求めたのは女スパイだった。
女は偽りの愛が本当の愛に変わった。
・・・・せ・切ない・・・
ワンが自殺しなかったのは何故でしょうね。
処刑の時にワンが見せた表情は一種満足しているように思えて、、、イー暗殺を企てた仲間と逝くことでイーを守ったのかなぁ~とも思います。

由香さんへ

ブロークバック・マウンテンはゲイだったので私は上手に彼らの苦しい気持ちにシンクロできませんでした。
この映画はワンは元々普通の女の子であったので私は感情移入しやすかったのかもです。
話が楽しくてそのうち愛が芽生えるというパターンもあれば、体から入る恋愛も存在しますもんねv-356
前者はクァンで後者はイーだなぁと今思いました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pinga0302.blog37.fc2.com/tb.php/108-a954d74e

ラスト、コーション

予告で観る限り、、、性描写がキツイっぽい? R-18だしムフッ【story】1940年前後、日本軍占領下の上海。ワン(タン・ウェイ)は、女スパイとしてイー(トニー・レオン)のもとへ送られる。しかし、大臣暗殺を企てる抗日青年クァン(ワン・リーホン)との間で心が揺れ動

  • [2009/06/27 06:10]
  • URL |
  • ★YUKAの気ままな有閑日記★ |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。