スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰も知らない 

4人の子供達がとても自然な感じに撮れていました。

小さくなったクレヨン。
食事する姿。
うたた寝する姿。

我が家にも小さな子供がいるので、そういうシーンに胸がキュンとしました。
とても愛しい。

映画では泣き叫んだり、怒鳴り散らしたりするシーンが
かなり抑えられている感を受けました。
4人も子供がいてあんなに穏やかでいられる母親はすごい。
母親の描き方が優秀な部分と最低な部分との落差が激しいので
私は戸惑いました。
私からしたらとても不自然。
物語だからリアルにする必要はないのでしょうが。
というかリアルにしたらきつすぎてみるに絶えないでしょう。

私はこの映画を大人の視線と子供の頃の視線と両方でみることができました。
まだ子供の頃のあの不安だった気持ちを忘れていない。
この映画をみてあの頃の気持ちが蘇ってきました。

この映画をみて気持がどんよりしました。
2度はみたくない・・・。

公式サイトを見に行って気持ちが落ち着きました。
子供達の楽しそうなコメントを読んで。
しかし壁紙は絶対使いたくないよ。
とてもキレイな写真だけど。


誰も知らない誰も知らない
(2005/03/11)
柳楽優弥 北浦愛

商品詳細を見る


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pinga0302.blog37.fc2.com/tb.php/25-b67d24fe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。