スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョゼと虎と魚たち 

泣きました・°・(ノД`)・°・
前向きな映画で終わり方がいいのだー。
エヴァンゲリオンの映画と同じ終わり方だー。
シンジ君もジョゼも偉いなぁ。

ジョゼがサガンの「一年ののち」一節を読むシーン。

「いつか貴女はあの男を愛さなくなるだろう」
とベルナールは静かに言った。
「そして、いつか僕もまた貴女を愛さなくなるだろう。
我々はまたもや孤独になる、それでも同じことなのだ。
其処に、また流れ去った一年の月日があるだけなのだ……」
「えゝ、解ってるわ」とジョゼが言った。

「一年ののち」の一節を検索したらこちらのブログ にたどり着いたのですが
私がこの映画をみて感じたことと同じことが書かれてありました。
(いいな、こんなに上手に表現できて…。ウラヤマシイ。)

ジョゼはこの恋が終わると最初から分かってたと思う。
彼女は足のことがあるので特にそう感じていたのかもしれないが、
実はそれは関係ない。
ジョゼに限らずこれは誰にとっても当たり前のことなのだ。

だからはじめてのキス。セックス。のシーン。
泣けたッス!!
とてもキレイなシーンだったなぁ。

ラストシーン。
男の子が声を出して泣いてたね。
自分の不甲斐無さ、罪悪感で泣いたの?
そうじゃないと思う。

振った側もああやって泣くのは
本当に好きでいてくれたってことだよね。
すぐ側に新しい彼女がいたとしても。


ジョゼと虎と魚たちジョゼと虎と魚たち
(2008/10/24)
妻夫木聡池脇千鶴

商品詳細を見る


エンディングの曲がいいのだー。
くるり大好き
ベストオブくるり/ TOWER OF MUSIC LOVERベストオブくるり/ TOWER OF MUSIC LOVER
(2006/07/26)
くるり

商品詳細を見る


YouTubeテレビ
くるり - ハイウェイ

コメント

面白かったです!また、きます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pinga0302.blog37.fc2.com/tb.php/27-c439da39
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。