スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デイジー 

もー、心の中で突っ込み入れながら観てました。
こ、こんな乙女チックな映画とは!
橋のエピソードの所で、
うわ!まじかよ…。
しまった!だまされた…と思いました。

もー、キモイです、殺し屋が。
コーヒーのシーンは背中がぞっ・・・としました。
この映画の第一の見所は殺し屋です!
笑えます!
大好きな女の子に夕食誘われるんだけど丁度その日は殺しの依頼あった訳なんだけど、彼は彼女に
「すぐ戻ってきます。」
といって猛ダッシュして殺ししてくるの。
もうあの猛ダッシュ笑えて笑えてしょうがなかったです。

刑事も殺し屋ももっと仕事しろや、と言いたくなります。

しかししょうがないか~。
ヒロインがかわいいもん。
ヘヨン役のチョン・ジヒョンめちゃめちゃかわいい!
「お元気でしたか?」の時のシーンなんて
おもわず押し倒したくなりました。

あと服装も好みでした。
マネしたい…。

チョン・ジヒョンのファンの方や殺し屋のキモさに興味のある方にはオススメします…。
しかし「インファナル・アフェア」のような映画を期待すると失敗すると思います。

デイジーデイジー
(2006/10/27)
チョン・ジヒョンチョン・ウソン

商品詳細を見る


デイジー 予告 動画





コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pinga0302.blog37.fc2.com/tb.php/3-05679b79
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。