スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時をかける少女(1983年) 

1983年公開 原田知世主演、大林宣彦監督作品の方です。
アニメの方を先に観ました。
アニメはおもしろかったです。
1983年の映画は当初はまったく興味がありませんでした。
アニメと見比べたいな~と思い、WOWOWで放送してたのでみてみました。

うーん、当時見ていたとしても「つまんない」
だったと思いました。
Amazonの商品説明が全部いいふうにとらえているのですが、
私はダメだったなぁ。
レビューもすごく評価高いのが不思議…。
10代の頃の気持ちや初恋とか全然リアルに感じないもん…。
大人がつくったモノみたいな…。
おっさんが考える妄想女子高生つーか。

棒読みはわざとと書いてあるけど、棒読みなのは原田知世と高柳良一
だけじゃないのかなぁ。
それにあの棒読みは、良いほうへはなんの効果も出てないよ。

あと想像以上に卑猥なシーンがちらちらあって驚いた。
実験室での先生、やばす。
あと、ひな祭りの血を吸うシーン…。
子供がやんねーよ。こわかったっす。
とにかく頭に?が浮かぶシーンが多かった…。
時代だけのせいでは無いと思うのだが。

エンディングはスキだった。
みんなにこにこしていてハッピーな気分。
10代の原田知世さんがとってもかわいらしいです。
スカートにゲタっていいね~。(・∀・)

時をかける少女 [DVD]時をかける少女 [DVD]
(2008/10/24)
原田知世 高柳良一

商品詳細を見る


YouTubeテレビ
時をかける少女 映画エンディング





コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pinga0302.blog37.fc2.com/tb.php/43-e521f8d6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。