スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくらん 

若手の女性監督が描く遊女の世界はどんなだろうと
興味しんしんでみました。

想像以上につまらないのでびっくりしました。
話の軸が結局少女漫画のノリなのです。

監督さんが写真家ということで、しかも彼女の写真は好きなほうなのですが、
あまりいかされてないような気がしました。
なんでだろう?テレビでみたからなのかなぁ。

あと編集が変な感じがしました。
ブツ切れな印象。
間に対するセンスのなさをすごく感じました。
男の顔やおっぱいの連写アップはちょっとセンスを疑う。
映画館へ行かなくて本当によかったと思いました。
あんなの大画面でみたら吐きそう。

遊女の映画の見所といえばセクシャルな部分は
外せないと思いますが、どうも遠慮ぎみのような。
男の監督ならあそこで止めないだろうなぁ。
エロエロでなくても女性ならではの
エロを感じさせてくれるかなぁと思ったのにそれもないし。

主演の土屋アンナはおいらんはまったく似合わない。
遊女ならアリかもしれないけど。
最初に登場したあの猫背はないでしょう。
まるでコンビニの前にたむろしているヤンキーみたいでした。
男がこぞってあんな女選ぶかなぁ。
土屋アンナ、木村佳乃、菅野美穂のおいらんがいたら
私は絶対土屋アンナは選ばない。
色気ないもん。
ツンデレキャラなんだけど、
デレが全然似合ってないと思いました。

女性監督からの視点を期待したのですが
男性監督となんらかわらないことにガックリきました。


さくらん [DVD]さくらん [DVD]
(2008/10/24)
土屋アンナ 椎名桔平

商品詳細を見る


YouTubeテレビ
さくらん 映画予告

コメント

私も!

びっくりするほどつまらなかったよ。
この人、映像にしか興味ないってわかった。
もう映画、作らない気がする。( ^ _ ^;

laelさんへ

うん。ほんとつまらなかったよねぇ・・。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pinga0302.blog37.fc2.com/tb.php/63-ed6b2da6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。