スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリーアントワネットの首飾り 

ソフィア・コッポラの「マリーアントワネット」 をみなければ
この映画に興味は持たなかったと思う。

マリーアントワネット」 の映画についてネット散策してたら「首飾り事件」
を知ったのでこの映画に俄然興味がわいて見てみました。
(「首飾り事件」ってみんな普通に知ってるもんなのかな?(;・∀・)アセアセ)

主演のヒラリー・スワンクは
正直好みでないのでこの人が主演の映画は
あまりみてないです。

マリーアントワネット」 はパステル調でとてもきれいでしたが
こちらは濃い色調な感じがしました。

ヒラリー・スワンクが演じるジャンヌが
あまりおしゃれでないという設定のせいもありますが
かわいくない…。

のちに一緒に詐欺を働く男性レトーが
初めてジャンヌをみそめるシーンも
全然同調できなかった。
だってジャンヌの髪型がアフロみたいだったから。
ドレスも変だし。(←設定のせいだけど)

お話は「首飾り事件」の概要がわかったので
それで満足です。

なんかどこかの国では最近でも
処刑を家族で見学するとこあったよね??
ニュースでみた気がする・・・。
昔のフランスも子供連れで処刑みるのって
デフォだったのね~~。
てかどこの国も昔はそうだったか。
私も昔の人だったら見にいったのかなぁ。
処刑シーンみててなんか考えちゃった。

映画の本筋からそれた感想ですね(;・∀・)アセアセ


マリー・アントワネットの首飾り [DVD]マリー・アントワネットの首飾り [DVD]
(2004/01/21)
ヒラリー・スワンク ジョナサン・プライス

商品詳細を見る


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pinga0302.blog37.fc2.com/tb.php/79-b30eb48f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。