スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グッドフェローズ  

ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア 」で何度か
「グッドフェローズ」という映画のことが出てくるので
興味を持ちテレビで見ました。

ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア 」を先に見ちゃってるせいか
ドラマのあらすじをみているような気分になってしまいました。

私は主演のレイ・リオッタの笑顔がものすごく
ダメ
でした。
あの笑い方で萎えちゃうというか・・・。
とにかく苦手。あの笑い方かっこ悪くないすか?(´・ω・`)ゴメンナサイデス
あの笑顔のせいでこの映画の魅力がかなり私の中で
下げ相場全快でした。(マダイウカ・・ワタシ)

この映画をみて「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア 」は
映画をすごく参考にしていたのかな?と思いました。
ところどころ似てた。

(グッドフェローズの方の)ポーリーの用心の仕方はトニーも同じだったし、
トミーはまるでラルフだったし、たくさん似通った箇所がありました。

たまごから生まれた雛が最初にみたものが親と思うように
最初にみたのが「ソプラノ」だったせいか断然「ソプラノ」の方が
おもしろいと私は思いました。
「ソプラノ」はドラマだったのでじっくりエピソードをつくれちゃうので
映画と比べたら無理なのかも知れないですが。

でもこの映画のおかげというか、
主人公が命ほしさにペラペラ暴露ってくれたので
「ソプラノ」というすばらしいドラマが産まれたんだな、
と思いました。

この映画をみて思ったのが
昔のマフィアはやりたい放題だったんだなぁと思いました。
今のマフィアは用心することがたくさんで大変そう。
逆に警察はがんばってくれてるんだなーと思いました。

デニーロはかっこよかったです。
ジョー・ペシはきもくて怖い男を素晴らしく演じていました。
こういう人いますよね。
さっきまで笑顔で話してたと思うと急に切れる人。
あと道徳観が全然違う人。
今は身近にこういう人いないからいいけどほんと怖い><

あと「ソプラノ」に出演していた役者さんもいました。
クリス役の人がポーカーの賭けでお酒用意したり片付ける下っ端役。
ソプラノにも同じようなシーンありました。
クリスではポーカーしてる方だったので出世したなぁと思いました。
映画ではあっけなく殺されちゃいますが。

あとセラピーのメルフィ先生が映画では
主人公の妻を演じていてびっくりしました。
トニーが言う通り足が綺麗。

映画のBGMが時代を反映してて
この時期の音楽が青春時代だった人は
音楽だけでくるかもしれないです。
エンディング曲かっこよかったです。


グッドフェローズ [DVD]グッドフェローズ [DVD]
(2008/12/10)
ロバート・デ・ニーロ レイ・リオッタ

商品詳細を見る



YouTubeテレビ
グッドフェローズ 映画予告



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pinga0302.blog37.fc2.com/tb.php/89-47e98688
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。