スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラガール 

xxガールとかxxボーイとか、
さえない者達が集まって努力の結果うんたらかんたら・・・
映画が公開される前は「またか」な感じでスルーしてました。

しかし映画が公開されるとあちこちでいい評判を聞き、
おもしろそうだなと興味を持ちました。

ちなみに町おこしダンス系映画で「フル・モンティー」は大好きな映画です。

映画を見終わって期待しすぎたのか
なんかものすごくオーソドックスな映画で肩透かしでした。
日本アカデミー賞な感じの映画だなと思いました。

この映画の感動のしどころは最後のダンスだと思うのですが
たぶん私がこの映画を見る前に特集番組をみてしまったのが
失敗だったと思います。

役者さんがものすごく必死にハワイアンダンスを練習されていて
最後のあのシーンもみせてくれちゃったので(もちろん全部じゃないけど)
その時にすでに私は感動してしまっていたのです。

物語に感動するのではなく、
役者さんがすごくがんばって
最後には一丸となり、すばらしいダンスを披露したことに
感動しました。

だから物語にまったく入っていけず、
役者さんが物語りの中の人物としてみることができませんでした。

しかし何度もいいますがダンスシーンはすばらしく
最初はいなかっぺの女の子達が綺麗にお化粧し、
かわいらしい衣装を身に着け、すばらしいダンスをするのをみるだけで
顔がほころびます。

女の子っていいなぁ。
ヵヮ。゚+.(・∀・)゚+.゚ィィ!!

フラガール(スマイルBEST) [DVD]フラガール(スマイルBEST) [DVD]
(2008/02/08)
松雪泰子豊川悦司

商品詳細を見る



YouTubeテレビ
フラガール 映画予告


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pinga0302.blog37.fc2.com/tb.php/96-ff0ef851

映画『フラガール』(お薦め度★★★)

監督、李相日(り=さんいる)。2006年日本。出演、松雪泰子(平山まどか)、蒼井

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。