スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あるいは裏切りという名の犬 

何の前知識もなく見たので状況が最初わかりませんでした。
最初は反政府の集まりかと思ってました。
あのぼこられたバーのママと集まりは同じ場所かと思ってました。
そしたらまったく別の場所での警察官の送別会でした。
少しわかりずらいと思いました。

重要な役のドニが出てくるのも少し後だし、嫌な面がわかるのも
すぐではないのでちょっと人間関係を把握するのに時間がかかりました。
レオの警察仲間もみんないい人なのだけど
顔が悪役といってもおかしくないメンツだったし(^_^;)

話がおもしろくなってきたのはドニの失態からです。
ドニの描かれ方が本当に嫌なやつなので
「このやろ~むかつくわ~」と単純に楽しめるのです。

レオの奥さんをドニと昔争ったということは
「ん?この3人は過去に何かあった?」程度しか匂わせないので
気づかない人もいるかもです。

レオの奥さんはでらいい女です。
もう色気ムンムン。
ああ、こんな女性になりたい~~。
ノーブラセーターいい。
おフランス万歳。\(^o^)/

でもドニの奥さんもすごいベッピンなんです。
なんちゅー大人の色気。
ああ、素敵。

レオとドニも大人の男の色気をかもし出しています。
カコイイ。

レオはとても男らしくてかっこいいのですが
たまに出る弱さがまたいいです。
娘に
「帰る姿を見ることに耐えられそうになかったから」
というセリフにはぐっときました。(ノ_-。)

最後はレオの娘の願いが叶ってよかったです。
あのハゲはとても粋ですね。
そおかぁぁ!
という終わり方でした。

実話を元にとのことですが
とても映画っぽくて楽しめました。
オススメです。

あるいは裏切りという名の犬 DTSスペシャル・エディション [DVD]あるいは裏切りという名の犬 DTSスペシャル・エディション [DVD]
(2007/06/08)
ダニエル・オートゥイユジェラール・ドパルデュー

商品詳細を見る



YouTubeテレビ
あるいは裏切りという名の犬 映画予告

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pinga0302.blog37.fc2.com/tb.php/97-4d9ab1e7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。