スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラッシュ 

DVDでみました。映画館でみなくてよかったです…。
独り言やハヒハヒ泣きながら見てました。

最初はアメリカの悪いところばかりが強調されて
とてもいやな気分になります。

物語が進むにつれて
ほんのささいなことでどっちにも転がって行くんだなぁと
とても実感する映画でした。

当たり前だけど、みんないろんな面をもっている。
どの面とどの面がぶつかるかによって
まったく違うものになっていく。

この映画をみて強く思ったのは
銃のあり方です。
やっぱ間違ってるでしょう。
小さな女の子が銃を怖がって
ベッドの下に身をひそめるなんて悲しすぎる。
お父さんが娘にやさしくやさしく嘘をつくシーンは
ぼろ泣きでした。

若い警官のあやまちが起こす炎に暖をとる人々のシーンも
印象的でした。

こういう映画をみると
私の人生ってほんと浅いよなぁ
と思うのでした。
私はこの映画をみて前向きな気分になりました。
とてもいい映画でした。

追記:
テレビで差別された人が次の瞬間差別する側になっている
と言っているのを見ました。
あ~そういうことかぁって思いました。って気づくの遅い?^^;


クラッシュクラッシュ
(2006/07/28)
サンドラ・ブロックドン・チードル

商品詳細を見る


キングコング(2005年) 

うーん、長い。
これが第1印象。

前置きも長く、いつキングコング出てくるんだろうと思いました。
こんなに長いのに、あまり女性とキングコングの愛(?)に説得力を
感じませんでした。
ラストシーンはつい居眠りしてしまいました。
DVDでみたので巻き戻ししたのですが、また寝ちゃった。

ナオミ・ワッツキレイでした・・・。
うっとり・・。

ジャングルのシーンは迫力ありました。
恐竜とおいかっけこのシーンすごかった。
でもジャック・ブラックのせいか、クスクス笑いながらみてました。
意外とコメディぽかったです。この映画。

でも期待したほどではなかったなぁ。

キング・コングキング・コング
(2007/04/01)
ナオミ・ワッツジャック・ブラック

商品詳細を見る




カポーティ 

つまらなくは無かったですが、特におもしろくもなかったです。

いまいちカポーティという人がわかりにくかったです。

最初は殺人者と同じかそれ以上に人間として何かかけてしまった
冷たい人物なのかなとみていたのですが、
そうでもない。

殺人者の死刑が延期になりうんざりするカポーティ。
小説が完結しないからなのか、もうここの件から逃げ出したい
と思ってうんざりしているのか?
私は後者とみたのですがどうなんだろう・・。

普通の人がダークな世界へ興味本位で足をつかってその沼に
引きずり込まれた?

私はこの映画をみてカポーティは普通の神経の持ち主だと思ったんだけど。


カポーティ コレクターズ・エディションカポーティ コレクターズ・エディション
(2007/11/28)
フィリップ・シーモア・ホフマン; キャサリン・キーナー; クリフトン・コリンズJr.

商品詳細を見る


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。