スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電車男 

某有名掲示板の雰囲気が映画でどうでるか、
中々上手く表現できてるんじゃないかなぁと思いました。

見知らぬ人との会話。
それぞれ当然生活があるわけで。
なんか不思議な感じですよね。

恋愛ドラマとしてはすごくオーソドックスなラブコメでした。
すべてがベタな表現だけど、これはこれでいいのかなと。
恋が始まった頃のドキドキ感や
恋愛を知ってしまってからの苦しさとか共感できました。

エルメスさんってちょっと不気味なキャラですよね。
一見いい人だけど全て計算ずくなカンジ。
男なれした女性のような気がした。

告白シーンで
「がんばって」って・・・
なんかすげー女だなって思いました。
男のほうがいたいけな子猫ちゃんにみえました。
最初はオドオドしてたオタな男の子が
最後では男になってて。

・・・調教完了(笑)?


電車男 スタンダード・エディション電車男 スタンダード・エディション
(2005/12/09)
山田孝之 村上正典

商品詳細を見る



映画ではORANGE RANGEが主題歌を担当していましたが
私はテレビ版の主題歌の方がすき

世界はそれを愛と呼ぶんだぜ世界はそれを愛と呼ぶんだぜ
(2005/08/03)
サンボマスター

商品詳細を見る


YouTubeテレビ
sambomaster-世界はそれを愛と呼ぶんだぜ



誰も知らない 

4人の子供達がとても自然な感じに撮れていました。

小さくなったクレヨン。
食事する姿。
うたた寝する姿。

我が家にも小さな子供がいるので、そういうシーンに胸がキュンとしました。
とても愛しい。

映画では泣き叫んだり、怒鳴り散らしたりするシーンが
かなり抑えられている感を受けました。
4人も子供がいてあんなに穏やかでいられる母親はすごい。
母親の描き方が優秀な部分と最低な部分との落差が激しいので
私は戸惑いました。
私からしたらとても不自然。
物語だからリアルにする必要はないのでしょうが。
というかリアルにしたらきつすぎてみるに絶えないでしょう。

私はこの映画を大人の視線と子供の頃の視線と両方でみることができました。
まだ子供の頃のあの不安だった気持ちを忘れていない。
この映画をみてあの頃の気持ちが蘇ってきました。

この映画をみて気持がどんよりしました。
2度はみたくない・・・。

公式サイトを見に行って気持ちが落ち着きました。
子供達の楽しそうなコメントを読んで。
しかし壁紙は絶対使いたくないよ。
とてもキレイな写真だけど。


誰も知らない誰も知らない
(2005/03/11)
柳楽優弥 北浦愛

商品詳細を見る


東京タワー 

江國香織が原作の方の「東京タワー」です。
予告版のノラ・ジョーンズの曲と東京の夜景にみせられて
いつかみたいなぁと思ってた映画です。
なんかせつなさそうでおもしろいかも!?

ところがみてびっくり。
ホラーじゃん・・・。
こわかったー(笑)
いや、ほんとはホラーでなく恋愛モノなんだけどね。

ストーリーは簡単に言うと若い男の子と金持ちの30代、40代の既婚女性の恋愛話です。
普通の専業主婦は簡単に3万なんて小遣いあげれないYO!

全部がキレイでまるで女性雑誌をみているようでした。
あの黒木瞳の服いいな~とか、あんなマンションに住みたいとか。
そんな感じで楽しみました。
あと、みんな体がきれいに鍛えてあって、
どっからでもかかってこーい!ってカンジだった(笑)

お話は誰にも感情移入できない。
しいていえば私は岡田クンかなぁ。(黒木瞳の恋人相手)
いやー、別荘のお風呂で隠れてる姿はかわいそうでかわいそうで
泣きそうでした。

好きで好きでたまらんのはわかるけど
やっぱ切ったらなあかんだろ・・・。
オトナだもん。
相手はちょっと幼すぎる・・・。心もね。

私がホラーだと思ったシーンは
岡本くんと黒木瞳が別荘で寝てる所に夫が急に現れたところと、
松本くんが高校生の頃に同級生の女の子のおかんと家でセックスしてて
それを娘がみてしまったシーン。
こわーこわー。
高校生と主婦じゃお金ないから自宅でだったのかもしれんが
いかんだろ・・・。家は。
そのほかにもホラーなシーンが満載でした(笑)

せつない気分にさせられたのは、結局ノラ・ジョーンズの曲だけでした。



東京タワー プレミアム・エディション東京タワー プレミアム・エディション
(2005/07/21)
黒木瞳 岡田准一

商品詳細を見る


このアルバムの「スリープレス・ナイト」が予告に流れてました。
ノラの曲は大好きでアルバムも何枚か持ってます。
フィールズ・ライク・ホームフィールズ・ライク・ホーム
(2008/06/11)
ノラ・ジョーンズ

商品詳細を見る


you tubeで試聴↓
Norah Jones - sleepless nights

デイジー 

もー、心の中で突っ込み入れながら観てました。
こ、こんな乙女チックな映画とは!
橋のエピソードの所で、
うわ!まじかよ…。
しまった!だまされた…と思いました。

もー、キモイです、殺し屋が。
コーヒーのシーンは背中がぞっ・・・としました。
この映画の第一の見所は殺し屋です!
笑えます!
大好きな女の子に夕食誘われるんだけど丁度その日は殺しの依頼あった訳なんだけど、彼は彼女に
「すぐ戻ってきます。」
といって猛ダッシュして殺ししてくるの。
もうあの猛ダッシュ笑えて笑えてしょうがなかったです。

刑事も殺し屋ももっと仕事しろや、と言いたくなります。

しかししょうがないか~。
ヒロインがかわいいもん。
ヘヨン役のチョン・ジヒョンめちゃめちゃかわいい!
「お元気でしたか?」の時のシーンなんて
おもわず押し倒したくなりました。

あと服装も好みでした。
マネしたい…。

チョン・ジヒョンのファンの方や殺し屋のキモさに興味のある方にはオススメします…。
しかし「インファナル・アフェア」のような映画を期待すると失敗すると思います。

デイジーデイジー
(2006/10/27)
チョン・ジヒョンチョン・ウソン

商品詳細を見る


デイジー 予告 動画





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。