スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女の子ものがたり 

onnanoko2.jpg

Yahoo!のオンライン試写会で観ました。

映像が女の子好みでとてもかわいいのですけど、
原作が西原さん。

映画をみていてなんか違うのではないだろうかと
鑑賞後に原作を立ち読みしてきました。
(買えよ、ですね(;・∀・)アセアセ)

映画の話もビジュアルのかわいさでフィルターかかってますが、
内容って実はヘビーですよね・・・。

フィルターかかりすぎではないかと・・・。
オヤジ願望少女映画の・・・。
うーむ、うーむ。

とにかく私には友情の美しさはリアルではないです。
そんな私ってかわいそう?

あの貧乏なお友達や、超こわいオカンとか
超汚いお家とかはリアルですがね。

だけど、あんなに綺麗な女の子が貧乏なお家の子を演じ、
服もかわいいくて清潔そうなのでなんか変。
超違和感。

うる覚えで間違ってるかもなんですけど、
主人公の女の子が父親が死んだ時、

「私は父のことを何も知らなかった。知ろうとしないことは罪だ」

みたいなことを言います。
友達は「それはしょうがない」
と労わるような言葉を言いますが、
主人公はまたきっぱりと

「知ろうとしないことは罪だ」

と言います。

その時の友達の顔が
それは自分に言われているような
イヤミのような説教のような、
「知ろうとしないほうが楽」
を選択した二人にグサグサささった言葉だったのでは
ないかと思いました。

映画は西原さんの原作の毒を全部ぬいちゃった感があり、
あれれ?な感じでしたが、
この映画のおかげで原作を改めて読めたことに感謝します。

原作の子供時代の主人公の女の子が
「おかあさんのおっぱいさわりたい」
と心の中で思うのだけど我慢してるんすよね。

本屋で涙ちょちょぎれそうになった。

「もう大きいんだから」
って言うのやめよう。


オススメ原作

女の子ものがたり女の子ものがたり
(2005/04)
西原 理恵子

商品詳細を見る


YouTubeテレビ
女の子ものがたり 映画予告

ブログランキング・にほんブログ村へ

BALLADバラッド 名もなき恋のうた 

ballad.jpg

試写会に行ってきました。
試写会の前に友達とカフェでおしゃべりに夢中になってたら、
上映時間が過ぎてた・・・・。
そのせいで前半の30分を見損ないました。(>'A`)>アーッ!!

くれよんしんちゃんの映画はテレビで
なんとなく見た気がしますが、
あまりストーリーは憶えてませんでした。

私は正直、草薙さんがどうしてこんなに
ひっぱりだこなのかわからないのですが、
この映画の主人公はそれなりにかっこよく
見えました。

ガッキーは見た目大好きですが、
彼女の演技をみたのがこれが初めてです。
可もなく不可もなく・・・
まぁかわいけりゃいいや、
みたいな。

恋愛映画としては、それなりに楽しめるかと思います。
若いカップルにはいいかも。
私みたいに擦れたヤツ行ってもフーンで終わりますが。

私は恋愛よりも戦争シーンが興味ありました。
GOEMONとは間逆で本当に普通の人間と人間が
殺しあってる。
でも血でないから怖がりな私でも安心してみれます。
なんつーか、昔の戦争ってこんなんだったのかー、
みたいなおもしろさというか。
戦争の仕方の検証がちゃんとしてあるのか適当なのか不明ですけど。

私は恋愛ストーリーとしては違和感なく
見てたのですが、
気になったのがしんいちファミリーです。

小学生のしんいちが戦争中に又兵衛さんが心配で
「ぼくみてくる!」とかゆって現場に行っちゃうんですけど、
お父さん追っかけるんですね。

で、マジで人殺されるシーンみて
父子は愕然とするのですが、
どうも戦争というものを見て愕然とした訳でなく、
又兵衛さんが負けそうってことで愕然としてる訳なんですね。

それすごい違和感あったですよ。
私だったら絶対息子にそんなところ見せないよ。

このお父さん、
「おれたちにできることはない」
みたいなこと言ってたと思う。

戦争を知らないってこういうことなんだな、
と思ったです。

あと戦争の原因が女のことちゅーのも
それにつかえる部下達が気の毒でしょうがなかったです。
最後首を切らないのもあの時代屈辱的なことなんでない?
違うのかな?

最後の「バキューン」は
試写会に遅れたのでよくわからんかったです。
なんとなく想像はできたけど、
最初からみないとダメでしたね(;´Д`)

いろいろ気になったところはありますが、
恋愛映画としては、まぁまぁかと思います。

つか、試写会ほとんど当たんないんだけど、
たまに当たると毎回
「ALWAYS 三丁目の夕日」がらみのような気がする・・・。
なんでだ・・・。



この映画の元ネタ

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 [DVD]映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 [DVD]
(2003/11/28)
矢島晶子、

商品詳細を見る



YouTubeテレビ
BALLADバラッド 名もなき恋のうた 映画予告

ブログランキング・にほんブログ村へ

魔法にかけられて  

enchanted.jpg

この映画すごくいいわ。
この話の発想に座布団1枚。

子供の頃は、なんの抵抗もなく
いろんなお姫様物語を楽しんでいました。

以前テレビでタレントの千秋が「シンデレラ」か
「白雪姫」か忘れましたけど子供に読ませないと言っていました。
男によるのではなく、自立した人間になってほしいからみたいな理由だったかな?
私も千秋の話を聞いて
「言えてるけど、なんかひっかかる・・」
と思いました。

この映画を観て思ったのですが、
お姫様達はみな美人ですが
それだけじゃないですよね。
ありえないくらい心が美しい。

そんなお姫様がこの現実に来てしまうことでのギャップが
とても笑えます。
都会の生き物達との楽しい掃除シーンは爆笑しました。

主人公のお姫様を演じたエイミー・アダムスは
33歳だそうですが
そういうちょっとした皮肉が所々あり、
こちらをニヤリとさせてくれます。

剣を持って悪に立ち向かうのが王子ではありません。
あーやっぱそうですか・・とそれをみて思いました。
男性が女性に癒しを求めるように、
私も王子様にずっと助けてもらって愛される楽な人生歩みたい・・・。
ですが、そんな人間には王子様は現れないのです。

主人公のお姫様の超ポジティブシンキングに
周りのみんなや観ている私も幸せの魔法をかけてくれる
とても素敵な映画でした。


魔法にかけられて 2-Disc・スペシャル・エディション [DVD]魔法にかけられて 2-Disc・スペシャル・エディション [DVD]
(2008/07/18)
エイミー・アダムスパトリック・デンプシー

商品詳細を見る



YouTubeテレビ
魔法にかけられて  映画予告

ディズニーランドのショーみたい!Brilliant
YouTubeテレビ
~想いを伝えて~


ディア・ドクター 

dear.jpg

娘は(5歳)うそつきです。
願望、想像、気を引きたい、私に怒られたくない。
娘の友だちが娘に嘘をつかれ、私に言いました。

「うそをつくと えんまさに したを きられるよね!」

私は
「へ~そうなんだぁ」
と答えました。

私もスーパーうそつき野郎なのでこんな答え方になったのかな。

この映画では、警察の質問に皆、嘘をつきます。
それは誰かを守る為(=自分の為)でもあり、
悪事を隠す為でもあり、
自分のアオさ加減を隠す為でもあり。
その嘘はそれぞれのキャラクターの性格を色濃く反映しています。
そして少しだけの本当を警察に語るのです。

前作の「ゆれる」の時のように、
心理描写や演出が巧みです。
なので各キャラクターの気持ちが特に語らずともとてもわかりやすい。
この辺はあいかわらずすごいなぁと思わせます。
夜に響くバイクの音、心染み入りました・・・。

そして主役を演じた鶴瓶の力のおかげもかなりあると思います。
あの顔がとても役にあっている。
いい人のようで、悪い人のようで、スケベそうで、やさしそうで。
さすが一流のお笑いの方、間の取り方が絶妙で、
「クスッ」っと笑わせてくれます。

ラストシーンあざとい感じがしました。
少し違和感というか浮いているというか。
でもこんな終わり方もいいじゃんと思いました。

白衣のにやけた王子様に
私の心も「うふ(ハート)」となったのでした。


きのうの神さまきのうの神さま
(2009/04)
西川 美和

商品詳細を見る


YouTubeテレビ
ディア・ドクター 映画予告





ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 

eva2.jpg

30分前に映画館についたけど1回目の上映は満員で入れず、
2回目の上映でみました。
若い男の子がほとんどの行列に並ぶのが恥ずかしかったです…(;´Д`)ウウッ…
私の当初の計画では朝8時上映のヱヴァをみてその後、
「ディア・ドクター」をみて昼には家へ帰るつもりだったのにー。
昼までに帰宅しなければならないので
「ディア・ドクター」は次回見送りと相成りました(涙)

映画の感想ですが、話に感動というよりは
(だって謎だらけでまだよくわかんない)
映像のすごさに圧倒された感じであっという間の上映時間でした。
前回も感じましたが背景が美しい!
普段身の回りにあるものがこんなにアートしてるんだなぁって思いました。
そして使途も「うわぁ綺麗・・・。」と心の中でつぶやいていました。

テレビ版と違った新キャラクターの登場やストーリーになっているので、
まるで新作を楽しむようなつくりになっています。
新キャラクターのメガネっこボインちゃんはまだ謎すぎてよくわからない。
アスカとちょっとキャラかぶってる気がしますが、
これからもっと違いが明確になるのでしょうか?
それにしても彼女だけ14歳にはとても見えない。(胸のことではなくてw)

私はもともとこのアニメは若い人への応援歌だと思っているのですが、
それがよりストレートにわかりやすくなってるように感じました。
普段娘に向かって言っているセリフが結構あったw
「いじけてたっていいことないよ~」とかw
ただ、あまりにも露骨にやるとそっぽ向かれるのでそのさじ加減が大変だろうなと思います。

前回気になったサービスショットですが今回は気にならず。
客層をまのあたりにしたからかも。
これはサービスしたらなあかんよなぁと思いました。
サービスは満点です。
ここも期待してOKです。

それにしても続き物はイライラする~~~。
早く次がみてえ。



YouTubeテレビ
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 映画予告


今日の日はさようなら 歌詞 →
翼をください 歌詞 →(ここの人の日記もなにげにおもしろい)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。